妊娠中の治療について

治療できる時期

妊娠中は歯科治療に最適な時期ではありませんが、妊娠中にもし治療が必要な場合には、時期を選べば治療を行うことも出来ます。

妊娠超初期(〜3週) 治療可能。治療や薬の服用の影響は無いと言われています。
妊娠初期(4週〜15週) 応急処置のみ。薬の服用は慎重にします。
妊娠中期(16週〜27週) 治療が可能。
妊娠後期(28週〜39週) 応急処置のみ行う。出産後6〜8週後に治療開始。

歯ブラシ指導、清掃などは、すべての時期において行えます。

当院では、ご希望がある場合のみ、メリットとリスクをご説明の上で治療を行います。
相談のみ希望の方も、遠慮なくご来院下さい。

 

X線

歯科で使われるX線で、胎児への影響はありません。
照射量が少なく、撮影場所(口)が性腺や子宮から遠いからです。
さらに万全を期すために、防護エプロンを装着し、必要最小限の枚数しか撮りません。

 

麻酔

歯科で使用されている麻酔は、胎児に対してもすべて安全ですが、必要な場合に限り使用します。
 

歯科で使用される薬品も、胎児に対してほとんどが安全です。
妊娠初期はできるだけ慎重にあるべきで、一部にできるだけ避けたほうがよいとされる薬品もあります。
必要な場合に限り、より適切な薬を選んで使用します。
 

母乳への影響

歯科で使用する麻酔薬や服用する薬は妊娠中と同様に安全ですが、もし使用する場合には、より安全な薬品を選択します。
それでもご心配の場合は、治療後4〜5時間は授乳を避けて下さい。
 

妊娠中の歯の手入れ

妊娠中は、ホルモンの関係で、歯肉炎が起こりやすくなりますので、いつも以上に歯みがきを丁寧にする必要があります。
つわりなどで歯みがきが難しい場合は、歯ブラシの選び方、磨き方についてご説明いたしますのでご相談下さい。
 

歯周病により高くなるリスク

歯周病に関与している細菌が、早産や低出生体重児にも悪影響を及ぼしているのではないかといわれています。
歯周病の治療を行っておくことで、リスクを1/5にすることが出来ます。

妊婦の歯周病によるリスク

 

お子様に関する話

1歳7ヶ月〜2歳7ヶ月が、むし歯菌の母子感染の時期です。
感染を完全に防ぐことは困難ですが、ご両親の口の中の状態を良好に保つことと、感染時期をできるだけ遅らせることで、お子様はむし歯になりにくくなります。
具体的には乳歯が完全に出てくる3歳位まで頑張ると良いですね。
お父さんお母さんは、口の中の状態を良好に保つことが大事です。
もし虫歯や歯周病がある場合は、遺伝的要因からも、お子様のリスクに気をつける必要があります。

虫歯や歯周病はうつるのか