審美的な歯科治療について

見た目だけではありません

セラミックによる審美的な治療は、天然の歯と似た特性をもつ材料を使います。そして、セメントで間を埋めるのではなく、専用の接着剤で歯にきちんと接着することで、元通りの歯に最も近い形に戻すことができます。

金属は強度が十分あり丈夫なものですが、歯と特性が全く異なります。

そのため歯との間にすきまができやすく、一度なおしたところが再度虫歯になる、二次カリエスという状態を引き起こしやすいです。

そして、プラーク(歯垢)が最も付きにくい材料は、金属ではなくセラミックです。健康な歯の表面よりもセラミックの表面はプラークが付きにくいことがわかっています。むし歯や歯周病を予防するうえで、セラミックは最も有利な材料と言えるのです。
つまり、

セラミックで審美的な修復をおこなうことは、やり直しを防ぎ、歯を長持ちさせるという意味でも、たいへん有意義な結果を生みます。

 

美容歯科と審美歯科という用語の違い

審美的な歯科治療に関して一般によく使われる用語で、美容歯科と審美歯科という似た表現があります。この2つに、用語の上で特に明確な違いがあるわけではありません。

しかしながら、あえて言えば、美容歯科は美容整形と同時に行われるようなもので、見た目が最大の目的。「人工の美」とも言えるでしょう。

一方、審美歯科と言うと、同様に「美」を求めるのですが、その美は「健康美」とか「自然美」となるようなものを目指していると言えます。歯科大で勉強するときの教科書には「審美的な修復」という言葉は頻繁に登場しますが、「美容的な歯科治療」という言葉は見かけません。

 

ジルコニア

プラークの付着が天然歯よりもずっと少なくなりますから、むし歯や歯周病に強く対抗します。 つるつるの表面性状で、臭いも出ません。天然歯と見分けがつかない、透明感のある、自然な明るい歯にできます。メタルフリーで体にも優しい修復方法です。
ほんとうの審美とは、健康で若々しく明るいものです。そして予防にも役立つ機能的なものでなくてはいけません。  
ジルコニア
 

金属を使用せず、セラミックだけで作られた究極の審美性を持つジルコニア

  • 自然で明るい天然歯と判別不能な審美性
  • 透明感のある自然な明るい歯
  • 金属アレルギーの心配がないメタルフリーで体に優しい
  • プラークの付着が天然歯よりも少ない
  • つるつるの表面性状で歯ぐきを健康に保ち歯周病に対抗
  • 光の通り過ぎる透明な質感
  • いちだんと優れた強度
  • 口臭予防にも有効
  • 軽量
 

ジルコニアの強度

従来のセラミックの数倍の強度があります。 F1やスペースシャトルに用いられる最新素材です。 3Dスキャン技術の発達によりレーザー加工が可能になったことで、歯に利用されるようになりました。  
F1
 

ジルコニアの表面はなめらか

ジルコニア表面がたいへんなめらかで、汚れが付きにくく、着色もしません。 いつまでもきれいで、ブラッシングも大変楽になります。 つるつるの表面性状で、プラークの付着は天然歯以下です。 表面の細菌付着を防ぐので、歯ぐきを健康に保ちます。 臭いも出にくく、口臭の予防につながります。 将来的にも、金属イオンの溶出による歯茎に変色などの心配がありません。
 

審美的治療は健康的

自然で若々しい見た目を取り戻し、歯ぐきも良い状態になる事で、健康的な結果をもたらします。 作り物ではなく、自然な若々しさを取り戻したい方におすすめします。  
shinbi_image.jpg
 

ジルコニアは光を透過する

ジルコニア光を透過する素材ですから、ガラスのような明るい透明感のある美しさです。 歯科医でも天然の歯と区別するのが困難なレベルの審美性を持ちます。 歯と歯ぐきを大切にし、若々しさを保ちたい方に特におすすめいたします。
 

インプラント

インプラントは、歯を抜かなければならなくなった場合の審美的な修復法として、 現状復帰に最も近い形にできます。 歯を失った場合には、まず検討される方法です。
  インプラントの情報はこちら  
 

マウスピース矯正(インビザライン)

歯ならびでお悩みの方には、手軽に取り組めて、取り外せる、マウスピース矯正をおすすめします。 ホワイトニングやセラミックなどの治療と併用でき、歯を削るのを最小限にとどめ、 トータルで審美的な修復を行える方法です。
  マウスピース矯正の情報はこちら