初診相談無料

インビザラインとは?

取り外せる透明な矯正装置インビザラインとは?

インビザライン(薬機法対象外)は、取り外せるマウスピース型歯列矯正装置の中で、世界で最初に確立されたシステムです。

インビザラインのメリットは、トータルフィーで追加料金が発生しないので、終了までにどのくらいの費用がかかるのか最初にはっきりすることです。

取り外せる装置なので、イベントにあわせて、急に取り組んでも大丈夫です。
すべての治療が完了しなくても、出来るところまでキレイにして当日を迎えられます。

 

インビザラインの治療料金(健康保険適用外)

(金額はすべて税込)

                                                                                               
治療期間のめやす 治療費 管理費
前歯のみ 324000円 月あたり5400円
半年程度の軽度なケース 486000円
標準的なケース 756000円 検査費・管理費他すべて込みのトータルフィットプラン
他の費用は無し
加速矯正装置(オーソパルス)を併用 950400円(オーソパルスの保証料込み)
※当医院のインビザライン(トータルフィットプラン)矯正費用には、検査料・診断料・装置料・管理料など標準的な矯正治療に必要な費用をすべて(インプラントアンカーのオプションを除く)含みます。治療開始から5年以内の再治療での追加料金はありません。
※治療終了後にリテーナー(矯正治療後の後戻りを防ぐ保定装置)の費用43200円が別途必要です。
 

当院のインビザラインの詳細を すぐに 知りたい方は青いボタンから

インビザラインの情報はこちら

 

加速矯正装置(オーソパルス)

オーソパルス(OrthoPulse、薬機法対象外)は、フォトバイオモジュレーションと呼ばれる光を利用した装置で、歯型のシリコンにはめ込んだLEDからの光を毎日10分お口の中に照射します。
ご自宅でお好きなお時間帯に1日10分間使用して頂きます。
お口の中で装置をくわえてもらうだけで自動的に治療が始まり、複雑なボタン操作は全くありません。

低強度の近赤外光(850nm波長)を使用して、分子レベルで骨リモデリングを促進すると言われています。
カナダのバイオラックスリサーチ社によって開発され、FDA(アメリカ食品医薬品局)で認証を受けた医療機器です。非侵襲型で薬品を使わず外科処置を伴わない、体を痛めるリスク因子が低い「クラス2装置」に分類されています。

通常は7-10日で交換するアライナーが、オーソパルスを併用することで、3-4日での交換が可能になります。
また、通常1日あたり20-22時間の装着が基本ですが、夜間のみの装着で治療が可能になるケースもあります。

 

リアルタイムオンライン予約

リアルタイムオンライン予約
はこちらから
ご相談無料
無理におすすめすることはありません。お気軽にご相談ください。

インビザラインの治療の流れはこちらをご覧ください

インビザライン治療の流れ
インビザライン治療の流れとアライナー(トレー)の使用法

その他インビザラインの疑問点はQ&Aをお読みください

インビザラインFAQ

院長執筆電子書籍『大人になってからの歯科矯正』

大人になってからの歯科矯正『大人になってからの歯科矯正』
 

マウスピース矯正のはじめ方

マウスピース矯正について情報を探している方向けの、詳しいコラムができました。
インビザライン・コラム  

海老沢歯科医院の情報

医院名:海老沢歯科医院
住所:東京都杉並区高円寺南1-6-6-2F アクセスはこちら
電話番号:03-3315-6480 ご質問・お問合せはこちら
院長:海老沢聡
経歴:1991年、東北大学歯学部卒業、歯科医師。
1991年-1997年、東京都千代田区丸の内佐藤歯科医院、東京都中央区八重洲渡辺歯科医院などに勤務
1997年7月より、海老沢歯科医院院長
 

メールでインビザラインの情報をゲット!
※ホームページには書きにくい「マウスピース矯正の情報」をメールでお送りします※


「あなたの知らないマウスピース矯正の世界」
氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 
 

医療広告ガイドラインに準拠した広告について

美容医療サービスに関する情報提供を契機として、消費者トラブルが発生していること等を踏まえ、2018年6月1日より施行された『医療に関する広告規制の見直しを含む医療法等改正法』により、ウェブサイトによる情報提供も規制の対象となりました。

当院は、医療法等改正法に基づき禁止される広告について、『医療広告ガイドライン』に記載された内容を遵守しております。
本来は表示できない項目についてのいくつかは、「限定解除の要件」を満たした場合のみ表示が可能です。
特に誤解が生じやすい項目について、以下に記載いたします。

治療の前後の説明画像

治療の前後の説明画像については広告可能ではありませんが、限定解除が認められる場合は、以下の1~4のいずれも満たした場合です。

1 、医療に関する適切な選択に資する情報であって患者等が自ら求めて入手する情報を表示するウェブサイトその他これに準じる広告であること
2 、表示される情報の内容について、患者等が容易に照会ができるよう、問い合わせ先を記載することその他の方法により明示すること
3 、自由診療に係る通常必要とされる治療等の内容、費用等に関する事項について情報を提供すること
4 、自由診療に係る治療等に係る主なリスク、副作用等に関する事項について情報を提供すること

当院は、限定解除の4要件を満たして掲載しております。

「無料相談」の実施

『医療広告ガイドライン』により、実施・掲載可能とされています。
 

薬機法において承認されていない医療機器を用いた治療について

当院では、医薬品医療機器等法(薬機法)において承認されていない医療機器を用いた治療 である「インビザライン・システムを用いた矯正治療」と「オーソパルスを用いた矯正治療」を行っています。

医療法に基づいて厚生労働省から出されている『医療広告ガイドライン』に従い、「限定解除の4要件」を満たすための記載を以下に掲載します。

1、未承認医薬品等であることの明示
インビザラインとオーソパルスは、薬機法上の承認を得ていません。

2、入手経路等の明示
インビザライン®は米アラインテクノロジー社の製品の商標です。米アラインテクノロジー社のシステムを、アラインテクノロジージャパン社を通じて利用しております。
オーソパルス®は加バイオラックスリサーチ社の製品の商標です。当院歯科医師海老沢聡の個人輸入により加バイオラックスリサーチ社より入手しております。
※個人輸入に関しては、厚生労働省ホームペ ージに掲載された「個人輸入において注意すべき医薬品等について」のページの注意点をご参考にお願いいたします。

3, 、国内の承認医薬品等の有無の明示
インビザラインによる矯正治療は、現在世界中で行われており、一般的にはアライナー矯正と呼ばれています。日本ではマウスピース矯正と呼ばれています。
マウスピース矯正のための治療装置は、国内でも様々なブランドがあり、多数製作されています。
日本で『医療機器としての矯正装置』と認められるものは、1) 薬事承認されている材料を使って、2)日本の国家試験をパスした歯科医師か歯科技工士が製作したものか、3) 既製品であればそのものが薬事承認されていなければなりません。
インビザライン・システムは、アライナーの材料および型取りに利用する口腔内スキャン装置(iTero element)について薬事承認を受けております。
製作過程については、日本国内で歯科医師が患者さんに合わせてオーダーしたものを、米アラインテクノロジー社が、コスタリカにある工場においてロボットで製作します。
設計は日本国内で歯科医師が行いますが、実際に製作されるのは海外においてであり、(日本の国家資格を持つ歯科医師や歯科技工士ではない)ロボットにより製作されますので、薬機法の対象とはなりません(薬機法対象外)。
日本国内で製作される類似のマウスピース矯正装置のいくつかは、薬事承認されております。
オーソパルス®は、米国のFDAによって、braces (ワイヤーによる矯正装置)またはclear aligners(インビザラインなどマウスピース矯正装置)の両方で使用を認められたデバイスです。国内には類似の製品は販売されておりません。

4,、諸外国における安全性等に係る情報の明示
マウスピース矯正を行うための装置は、インビザラインを含め、世界で数十社が販売しており、アメリカでは歯科矯正治療の1/3程度がマウスピース矯正装置で行われています。
インビザラインは、2018年現在、全世界で600万症例が治療されています。歯科矯正に伴う個別のリスク以外の重大な副作用の報告はありません。
オーソパルス(OrthoPulse®)は、FDA(アメリカ食品医薬品局)で認証を受けた医療機器です。アメリカ・カナダの他、ヨーロッパやオーストラリア・シンガポールなどで、医療機器として認証を受けています。重大な副作用についての報告はありません。
日本においては薬機法で承認を受けておりません。
インビザラインおよびオーソパルスは、薬機法の承認を受けておりませんので、医薬品副作用被害救済制度の対象となりません。

 

当ウェブサイトの信頼性について

当ウェブサイトは特定非営利法人日本インターネット医療協議会 (JIMA)が定めた医療・健康サイトの自主基準である「eヘルス倫理コード」に基づき審査を行い、適切性が認められたサイトに掲示する認証マーク(JIMAトラストマーク)を取得しております。

<認定番号 JM01204> マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。