海老沢歯科医

99%の検査のほんとうの的中率

ある検査で、病気の人が受けたら99%の確率で陽性(病気があるとの判定)と出る検査を、「精度99%の検査」と表現することがあります。

Q、1万人に1人が罹患している病気で、精度99%の検査を行い、もしも陽性と判定されたら、ほんとうに病気にかかっている確率は何%でしょうか?逆に病気にかかってないのに陽性が出てしまう確率を0.1%とします。

A、この質問の答は、「約9%」です。

医学的知識もしくは統計の知識の無いほとんどの人は、「99%」と答えたと思います。

検査で一番大きく影響する要素は、実は病気の確率です。
例えば、この病気が実は1000人に1人の病気だったら約50%。100人に1人の病気なら約90%が実際に病気にかかってる確率になります。

病気の検査や統計については、このように注意しないといけない数字のマジックがあります。
気をつけないといけません。
原発事故に伴う病気の話や、最近話題の遺伝子診断の話のときは、少々心に留めておいて、懐疑的に聞くことをおすすめします。

 

A1180 006735

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください