海老沢歯科医

神経取った歯が痛むのって歯医者のミスなの?

よく受ける相談に「神経取った歯なのに痛くなった」というのがあります。
神経取った歯は痛くならないと思ってる人が多いんですね。

「神経がまだ残ってるの?」
「歯医者がちゃんと治療してないから?」
「大丈夫か?自分」

今日はこれについて詳しく書きたいと思います。

 

芸能人もブログに書いています。

歯が痛くて
本当に痛くて
でも
もう神経を取っているハズの歯で
そんなハズ無いのに
やっぱり痛くて

「歯が」雛形あきこオフィシャルブログ

 

神経を取った歯は痛まないのか?

痛みます。
虫歯の痛みとは種類が違いますが、急患で来院する理由の中では、けっこう高い頻度です。

痛む原因

実は歯自体の痛みではなく、歯の周りの組織の炎症です。
神経を取った歯の根元や周辺に炎症が起こり、膿(うみ)が溜まることで腫れて痛みが発生します。
痛みの種類としては「咬むと痛みが激しい」という特徴があります。
腫れですので、発熱をともなう場合もあります。
膿の出口ができないと、どんどん圧力が高まり、痛みがおさまりません。

C4

治療手順

神経の入っていた部分は細菌が入っているので、表面を少し削り取る方法で、できるだけキレイにしていきます。
その後、薬を入れて消毒し、ゴムのような材料で緊密にふさぎます。

根管治療

しかし、この方法では、根の先の膿が発生した部分を、完全には無菌にできません。

治癒は自力

感染源を完全に除去する方法は抜歯しかありません。

でも、歯はいったん抜いたら、再びはえてくることは無く、元通りに戻らない器官です。
しかも、毎日毎食使う必要があるので、リスクを負っても使えるように残す価値があるからそうするのです。
実際には、多くの場合で問題なく使用できる状態にできます。
歯って、すごいですね。

ただ、無菌じゃないものが体の中にある状態からなので、最後の部分は体の抵抗力で治すことになります。
ですから、治り具合には、感染の程度や治療の手技が同じでも、個人の違いが出てきます。
若くて健康な人と、抵抗力が落ちている人では、治療結果に違いが出る可能性もおおいにあるのです。

また、食いしばりや歯ぎしりなどの強い外力が加わること、病気などの体調の変化で、いったんおさまっていた炎症がふたたび起こり、急に痛みだすこともあります。
きっかけは予想がつかないので、ある時痛みが出てきて不安になることになります。

 

治療の難易度は最高レベル

歯の神経の部分の治療は、職人芸とも言える難易度の治療です。
特に、奥歯の神経の入った部分は細く、曲がりくねっていて、しかも3本〜4本あります。

口の奥の方だから、手も入りにくいです。
歯科医からすると、腕の見せ所でもありますが、プレッシャーがかかる困難な治療です。

 

歯の神経の治療

治療の評価が低い

そういう高度な治療なのに、医療保険の評価は大変低く抑えられています。
ざっくり言って保険治療では100%赤字になると言っても良いでしょう。
時間をかけてゆっくり取り組むことが難しい治療でもあります。

器具の破損について

雛形あきこさんの場合、器具が折れていたとのことですが、どこかで失敗があったと言えると思います。
こういう話になると、やはり、歯科医に対する不信感がつのりますよね。適当にやってるんじゃないかとか。

歯科での失敗は、攻める気持ちから起こる場合も多いのです。
患者さんのことを考えて、一生懸命やった結果がうまく行かなかった、ということもよくあります。
安全に、危険のない仕事だけを心がければ、中途半端な治療になる可能性もありますし、困難な部分の治療を完璧にしようとすると、思いがけない結果をまねくこともあります。

言い訳でしか無いのですが、こういう事態を、どうか悪意だけではとらえないで頂けたらうれしいです。
もちろん、失敗に気づいていたのに患者さんに伝えていなかったとしたら、それはダメです。

 

どうすれば歯を守れるか

神経を取らなければならなくなった時点で、治療の難易度はかなり高いのです。

つまり、一番大事なことは、神経を取らないですむうちにきちんと治すこと。
痛くなってから治療すると、神経の治療は必須ですから、自覚症状が無い段階で検診を受けて対処するしかありません。
大切なのは予防と適切なタイミングでの治療ということになります。

そして、虫歯ができてしまった場合も、初期段階の治療のクオリティを高いものにして、再発を予防することです。
治療のやり直しや、新たな虫歯を防ぐことで、大きな治療になることを防ぐことが大切です。

不幸にも神経の治療が必要だったり、すでに神経が無かったりする場合は、歯科医とコミュニケーションを取って、できるだけ良い形で治療が受けられるようにしましょう。
お忙しい方には大変ですが、あまり混む時間に行かずに、歯科医がじっくり取り組める時間帯に予約を取る。治療の中断や予約変更をしない。などが有効です。

 

C2

C3

 


インビザラインの詳しい説明はこちらです

インビザラインは、取り外せる透明な矯正装置であるマウスピース矯正の中で、世界で最初に確立されたスタンダードシステムです。追加料金が発生せずに治療が可能です。

詳しくはこちら


審美歯科

見た目だけではありません。天然の歯と似た特性をもつ材料を使い、元通りの歯に最も近い形に戻すことができます。予防的な効果もあるこだわりの治療です。

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です