海老沢歯科医

インビザラインとシュアスマイルの違い

suresmile

(この記事は2分で読めます)

マウスピース矯正のブランドとして、インビザラインがかなり有名になりました。
世界で1300万症例に達したインビザラインは、いまでは、世界標準の矯正治療法のひとつと言っても過言ではないでしょう。

 

マウスピース矯正のブランドは、2018年にインビザラインの特許の一部が切れたことにより、とてもたくさんの後発商品?が出てきました。

しかし、その大部分はLCM(ローコストマウスピース)と言われる、格安商品です。
LCMは、わたしは後発商品とは言えないと思っていて、「インビザラインのやりかたをまねたもの」です。

インビザラインの後発商品と言えるのは、シュアスマイル(SureSmile)だけだと思います。

詳しくは、こちらの詳細記事もご覧ください。

 

記事を読んでいただけるとご理解いただけると思いますが、信頼できるマウスピース矯正装置は、わたしの主観で言うと世界で3種類。インビザライン、シュアスマイル、スパークです。
このうち、スパークは現時点で日本未発売ですので、インビザラインとシュアスマイルの2種類のみが、2022年現在、信頼できる方法と言えます。

 

この2種類の違いが気になると思うのですが、コロナワクチンの「ファイザー」と「モデルナ」にたとえると、わかりやすいでしょうか。

 

インビザライン = (モデルナ)
シュアスマイル = (ファイザー)

 

インビザラインは、革新的なイノベーション技術によって作られた商品で、開発元はアメリカ・シリコンヴァレー、アップルコンピューター社の隣にある「アライン・テクノロジー社」です。

海外に特有の、技術を評価され投資を呼び込んで急成長した新興企業ですが、欧米ではそういう会社が、すぐグローバルな巨大企業に成長します。
ひと昔前であれば、アップル・コンピューター社が示されたでしょうが、今ではアップルも安定の大企業になりました。
現在では、さしずめコロナワクチンで急に世界的な知名度を得た、モデルナ社を例に出すのが適切ではないでしょうか。

 

一方、シュアスマイルは「デンツプライ・シロナ社」の商品。
歯科業界で世界最大の大企業であり、当院でも導入している「セラミックの1dayトリートメント」のセレックの機械を開発・販売している会社です。
つまり、シュアスマイルはファイザー社のような世界的グローバル企業が作った後発商品。2021年発売になったばかりです。

 

どちらも甲乙つけがたい、非常に優秀な商品であり、治療法です。
違いは、インビザラインの治療期限が5年に対し、シュアスマイルは3年であることくらいでしょうか。
標準的な症例は3年以上必要なことはまれですから、難症例以外は、シュアスマイルが有力な選択肢になります。
シュアスマイルは、後発商品としてコストを多少抑えられるので、患者様にとってはメリットのある治療法になると思います。

 

今は圧倒的に「インビザライン」が有名ですが、今後は「シュアスマイル」も、歯科業界で世界一の巨大グローバル企業の商品ということで、知名度を上げていくのではないでしょうか。