海老沢歯科医

歯をぶつけて抜けた時、転んで歯を打ったときの対処法はコレだ!!

東京都杉並区学校歯科医会が制作したパンフレット「歯の外傷」がわかりやすかったので紹介します。

歯が抜けた場合

歯の外傷

外傷で抜けてしまった歯も、元に戻せる可能性があります。

口の外に出てしまった場合も、探してきちんと保存しましょう。

歯科医院に行くまでの、歯の保存方法時間がたいへん重要です。

 

外傷歯

抜けた歯にはなるべく触らず、牛乳などで洗い、牛乳の中で保存します。水道水では洗わないでください。

牛乳がないときは、口の中に入れて歯科医院に行ってください。

 

歯が抜けなかったが揺れている場合

歯科医院で歯を固定する必要があります。
隣の歯と接着剤で一時的にくっつけます。

 

歯の神経を調べる

しばらくしてから、神経が生きているかどうかの検査が必要です。
場合によっては、症状がないのに、神経が死んでしまっている場合があります。

特に歯が揺れたりしていない場合も、神経が死んでしまう場合があり、歯の根の先に膿が溜まってしまうときがあります。

特に揺れなどが無くても歯科医院に行きましょう

思わぬトラブルが発生している可能性もありますので、念のため必ず歯科医院を受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です