海老沢歯科医

歯並びを矯正をしておけば良かったと感じるシーンあれこれ

歯並びが悪いことで「マイナスだな」「気になるな」と感じるときが来るかもしれません。
矯正治療は、白い歯を入れるなどと違って、短期間にできる治療ではないので、前もって取り組まねばなりません。
みなさんは、どういう時に「歯並びをなおしておけば良かった」と感じるでしょうか?

 

1,仕事

欧米では歯並びが悪い人と太った人は出世できないと言われます。
肥満と同様に、歯並びも自己管理であると考えられているようです。
さらに、歯並びが良いと、育ちも良いと認識されるようです。

ビジネスにおいても、歯並びが良いことで、評価が上がったり、第一印象が良くなることがあります。
ビジネスを意識して、歯並びをなおす方も増えてきました。

仕事のための投資と考えれば、矯正治療もそれほど高く感じないかもしれませんね。

リクルート

 

2,同窓会

同窓会は、重要なイベントです。
わたしの同級生でも何組かいますが、同窓会で再会して結婚したという話もよく耳にします。

人のイメージって、最後に会った時のものが維持されています。
中学卒業以来20年会ってなかったら、会うまでは、「大人になっただろうな」とか「老けただろうな」と予想はしていても、イメージとしては中学校の時のままです。

会った瞬間、そのイメージが上書きされます。
映画やドラマの場面のように一瞬で。

元々懐かしい友人でも、異性であれば、昔ちょっと好きだったとか、片思いだったなんて事もあるでしょう。
青春時代ですから、同窓会に行けばそういうのが1人はいるはずです。

「綺麗になったね」とか「若いね」と言われたいので、女性は気合が入ります。

「来年同窓会の予定があるので、その時までになおしたいです」
というような患者さんは、かなり多いのです。

同窓会

 

3,結婚

歯並びを変えたいのか人生を変えたいのか
あなたは歯並びを変えて、どういう変化を望んでいますか?

たかが歯のことで人生が変わる?
実際に「歯並びが自信につながると思う人=72%」というデータが有ります。

さらに、矯正をしたあとで出会いがあり、結婚に至った方もたくさんいらっしゃいます。
人が物事を判断するのは一瞬だと言われています。最初の数秒の「なんとなく」で人は物事の多くを決めています。

ブライダル

初頭効果が出会いを決める

心理学に「初頭効果」というものがあります。
物事の一番最初が記憶に残りやすい、またはインパクトを受けやすいというものです。

相手と初めて顔を合わせた時、自分に対する印象のほとんどはその場で決まってしまいます。
しかも、1度決められてしまった印象を変えるのは難しく、一番最初で自分に好意を持ってもらうことが出来ないと、その後も良い印象を持たせるのがとても難しくなるのです。
第一印象は、思った以上に大事です。

あなたが良い人なのか、美人なのか、真面目な人なのか。
そういう判断は、付き合いが長くなればだんだん修正されていくものの、第一印象を決めるのは一瞬です。
歯並びが整って、印象が変わったことで、チャンスが増えるというのも、そんなに疑わしいことではないように思います。
いつ来るかわからない大事な出会いのために準備をしておけば、その時が来た時に、より良い出会いになる可能性を高めるでしょう。

ブライダル

矯正をしたことで結婚を決めた方のインタビューです

マウスピース矯正が終わりそうなときに、今の主人と出会いました。
矯正をしたことで変わったのは自分に自信が持てたことです。
特に横顔に自信が持てました。
口を手で押さえて笑ったりしていましたが、大きい口で笑えるようになったので嬉しかったです。
出てた前歯が引っ込んで横顔がキレイになったと思います。
結婚式はグアムで挙げました。
写真やビデオに特にお金をかけました。
母が「前と違って、横顔の写真がとてもキレイだった。全然違った。」とほんとに喜んでくれました。
それが一番うれしかったことです。

他にもモニター患者様の感想がたくさんあります。
ぜひ御覧ください。

 

マウスピース矯正をしながら変化するライフスタイル

BEAUTY(美人)

自分が他人からどう思われているのかということは、実際には自分ではよくわからないことが多いですね。
性格的な事もそうですが、特に女性の場合は、容姿のことはたいへんデリケートな扱いをされます。

小学生までだったら、「ブス」とか「デブ」とか言われても、成長過程でもありますし、それほど大変なことにはならないでしょう。
しかし、中学生くらいになってそんなことを言われたりしたら傷つくし、場合によっては親が大騒ぎして一騒動おこることすらあります。

美人のカテゴリーに入る

女性の容姿のことは、男性同士の話題としては頻度は高いものですが、その会話に入れる女性は「美人」です。
女性芸人のように、面と向かって「ブス」と言われて美味しい人もいます。
全員から明らかにそう思われていて、本人も自覚して笑いにしてる人は、意外とその会話に入れるのですが、「微妙」な人は特に気を使われます。

だって、その場に女性がいて「美人だね」ってコメントされなかったら、暗に「美人じゃない」って言われているようなものですから。男性はそんな時に容姿の話を始められるほどハートは強くないのです。

矯正後の患者さんに「最近、女性の容姿の会話をよく耳にするようになった」と言われた時に、なるほどと思いました。
以前は「微妙」とか「普通」とかいうカテゴリーだった彼女が、矯正後に「美人」というカテゴリーに入るようになったんだと思ったのですね。
良かったです。とも言えないのですが、容姿の話ってシビアですよね。

美人になるインビザライン

BODY(痩せる)

ダイエットの方法は、いつも雑誌やTVで特集されています。
いつでもみんなの興味の対象です。

わたしも「グルテンフリーダイエット」を行い、7キロ痩せました。
ダイエットに成功したあとは、体が軽くなった気がしますし、活動的な気持ちにもなった気がします。
体に興味を持って、メインテナンスしたりいたわったりすることは、とても大切なことです。

マウスピース矯正をすると、痩せる事が多いと言われます。
食事をするときには、マウスピースを外して食べるのですが、食べ終わった後に歯みがきをさっとしたら、トレーを付け直します。

せっかく矯正しているのだからと、外す時間が長くなるのを避けるために、食べた後の行動は素早くなります。
これは、自然にそうなっていくんですね。
食べた後は、デザートをゆっくり食べたりしてしまうことが多いようです。それを防止する効果もあるんです。

食べた後にダラダラしない。これはダイエットの基本ですから、マウスピース矯正が「痩せる」ことが多いのも、当然なのです。

ダイエット

WHITE(歯を白く)

昔のアイドルの写真が載っている雑誌を見かけたら、その歯並びの悪さと歯の色の悪さに驚きました。
高校時代に好きだったアイドルも、今見るとすごい違和感があります。
体型も昔のアイドルは今見るとしまりがなく、だいぶ太って見えますね。

昭和アイドル0

今の若い人は、スタイルも歯並びもずっと良くなっている気がします。
最近のアイドルも様々ですが、歯並びは昔のアイドルよりずっと良くなっています。

美の基準は、時代によってだいぶ変わりますが、今の日本では、歯並びもたいへん重要な基準になっていると思います。
それは、アイドルや女優の歯並びが良くなってることでもわかります。

今では、矯正のやり方は変わりました。審美的な基準も技術も高くなりました。
アイドルやタレントは、歯並びを全部なおしてからデビューしなくても良いのです。
取り外せる装置を使えば、活動と併行して矯正することも十分に可能なのですから。

また、マウスピース矯正をしながら、ホワイトニングが同時進行で可能です。
矯正で歯並びをなおしながら、白い歯も手に入ります。

結城ちか
グラビアアイドル結城ちかさん

結城ちかさんの治療モニターページ

 


インビザラインの詳しい説明はこちらです

インビザラインは、取り外せる透明な矯正装置であるマウスピース矯正の中で、世界で最初に確立されたスタンダードシステムです。追加料金が発生せずに治療が可能です。

詳しくはこちら


マウスピース矯正

透明な材料で、歯になじんで目立たない矯正装置。道具を使わなくても取り外しができます。 大事な人と会う場合など、どうしても付けたくないときに外せます。

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です