海老沢歯科医

取り外せる矯正装置などいろいろある歯列矯正の方法

歯科の専門用語では、良いかみ合わせを「正常咬合」と呼びますが、相対する用語として「不正咬合」があり、悪い歯並びや咬み合わせを指します。
あごは動きますから、咬み合わさった状態がうまく合っているかどうか以外に、咬む動きが正常かどうかということも問題になります。

しかし、矯正を希望する患者さんが「悪い歯並び」と言った場合は、多くの場合は、見た目、審美的な問題のことを指すことがほとんどです。

 

不正咬合の種類

デコボコの歯並び(乱杭歯:らんぐいし)

一番多いお悩みは、歯がまっすぐ並んでいなくて、デコボコになっているケースです。
これは、歯が並ぶスペースの不足で、歯がまっすぐ並べずに列からはみ出してしまうことで起こります。

治療法は、歯が並ぶ空間を作ることから始まります。
歯を少しだけ削って場所を作ったり、後ろ側に少しずつずらしたり、アーチをやや大きくしてゆとりを作ったりします。
あまりに場所が足りない場合は、抜歯して1本間引きすることもあります。

スクリーンショット 2016 08 30 14 10 03
ビフォー

スクリーンショット 2016 08 30 14 10 25
アフター

乱杭歯

出っ歯

次に多いのは、いわゆる「デッパ」です。
上下の前歯の間の段差が大きくなり、口が閉じにくい場合もあります。
これは、上下の歯の噛み合わせに問題がある場合、歯のアーチが極端に細長くなった場合、下あごの発達が小さかった場合など、様々なパターンがあります。
原因により、治療方法も様々です。

スクリーンショット 2016 08 30 14 14 10
ビフォー

スクリーンショット 2016 08 30 14 14 18
アフター

受け口

上下の前歯のかみ合わせが逆になっているものです。
骨格的な問題であるケースも多くあります。

スクリーンショット 2016 08 30 14 12 42
ビフォー

スクリーンショット 2016 08 30 14 12 54
アフター

悪い歯並びは遺伝か?

骨格的な問題がある場合は、遺伝の要因が大きいケースがほとんどです。

他には、乳歯から生え変わる過程で、順番や場所に問題があったケースなど。
程度によっては、子どものうちから矯正治療を受けていれば、本格的な矯正をしないですむケースもありますが、やはり永久歯が生えそろってからの本格的な矯正治療が避けられないケースもあります。

 

矯正装置の種類

矯正治療のための装置は、ワイヤーを歯に付けて行うもの、入れ歯のような取り外し式の装置を使うもの、そしてマウスピース型のものなどがあります。

ワイヤーの矯正装置

ワイヤーの装置には、歯の外側にくっつけるものと、裏側にくっつけるものがあります。
外側のものは、慣れやすく苦痛はやや少ないですが、見た目が問題になります。

ワイヤー矯正装置2

裏側のワイヤー矯正装置

裏側のものは、見えにくいですが、舌の空間が圧迫され、やや苦しさを感じる方もいます。

裏側矯正装置

床型の矯正装置

取り外し式の、入れ歯に似た装置です。
主に、子どもの矯正治療に使用します。

床矯正装置

子供のマウスピース矯正

小学校高学年からは、大人と同様にマウスピース矯正での対応も可能です。
永久歯列にむけて、本格的な歯列矯正の時期になります。

子供の矯正

 

たくさんあるマウスピース矯正の種類

同じマウスピース矯正といってもたくさんのブランドがあります。
「オペラグラス3D」「アクアシステム」「インビザライン」「アソアライナー」「イークライナー」「DEN」などなど、探せば探すほどたくさんのマウスピース矯正ブランドが見つかります。

一番有名なのは「インビザライン」ですが、マウスピース矯正の装置の中でも、唯一違う特殊なつくりと言えます。
スマートトラックという材料が他のシステムのものよりやや厚手であるかわりに、かなり柔らかく、大きさも小さいです。
また、世界で一番最初に大規模確立されたシステムですし、その分の安定感があります。

インビザライン
インビザライン

オペラグラス
オペラグラス3D

インビザライン以外のマウスピース矯正

インビザライン以外の他の装置は、ほぼ同じ材料、同じコンセプトの上に製作されています。
技工所が違うだけで違うブランド名になっているもので、ほぼ同じものと考えて頂いて良いと思います。

変わったものでは、装着時間が8-10時間と短いのが売りのものもあります。
他のほとんどのシステムが20時間程度装着することを推奨されているのと比べると、際立って短い装用時間です。
実は使う装置が大きく違うわけではなく、短い時間装着するように指示し、一回あたりの移動量を小さくしています。
当然ですが、その分治療期間が長くなり、一般的な他のブランドよりも長い治療期間を必要とします。

インビザラインとその他のマウスピース装置の考え方の違いとは

インビザラインは、ゴールから逆算して設計した装置だということです。

つまり、ゴールとなる「最終目標」をまず設計します。
どうなったら「終わり」なのかをはっきりさせるのです。

そして、そこに現状からどう進んでいくか、途中経過を効率的に考えて設計するという発想です。

インビザライン治療計画

では、インビザライン以外の装置はどうなのかというと、例えば「前歯が曲がっているのをなおしたい」といった場合は、全体がどうなるかよりも、まずそれをどうするかを考えます。
ゴールからの逆算ではなく、おおよそのゴールの方向を見ながら、スタートしてしまうイメージです。


インビザライン治療計画

 


インビザラインの詳しい説明はこちらです

インビザラインは、取り外せる透明な矯正装置であるマウスピース矯正の中で、世界で最初に確立されたスタンダードシステムです。追加料金が発生せずに治療が可能です。

詳しくはこちら


マウスピース矯正

透明な材料で、歯になじんで目立たない矯正装置。道具を使わなくても取り外しができます。 大事な人と会う場合など、どうしても付けたくないときに外せます。

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です