海老沢歯科医

矯正治療において「抜歯するかどうか」「治療期間」判断の違い

抜歯はなぜ必要になるか

デコボコの歯を整列したら、まっすぐになったあと、前に出てしまいます。
また、デコボコがあまりにひどかったら、まっすぐ並ぶこともできない場合があります。

1

 

そのため、並ぶスペースが必要になりますから、それをどう作るかが、矯正治療のキモなんです。

 

スペースを作る方法

スペースを作る方法はいくつかあります。

  1. 抜歯
  2. 歯を削る
  3. 歯列のアーチをゆったりさせる
  4. 奥歯を奥にずらす

 

イメージとしては、狭いスペースにたくさん人がいて、横向いてまっすぐ並ぼうと思っても並びきれない。

  • そこで、一人どいてもらおうか(抜歯)
  • いや、全員でダイエットしてやせてもらおうか(歯を削る)
  • 少し場所広げようか(アーチを広げる、奥歯を奥にずらす)

などの選択肢の中から選ぶイメージです。

 

2

 

それぞれの方法のメリット・デメリット

抜歯

一度に多くのスペースが作れますが、1箇所にまとまってスキマができるので、歯をそこに向かって1本ずつずらして並べる必要があります。
つまり、ある程度の時間がかかります。

3

歯を削ってスキマを作る

あちこちの場所をちょっとずつ削るので、スキマが分散し効率よく使えます。
つまり、治療の期間は一番スピーディーです。

4

この2つの方法は、歯を抜いたり削ったりすること自体がデメリットです。

 

歯列の形を改善する

比較的早くでき、歯のダメージもありませんが、作れるスペースには限度があります。
最も標準で使用される方法で、他の方法と併用します。

5

奥歯を奥に送る

インビザラインで治療する場合の特徴的な方法で、かみ合わせも改善しやすく、有用な方法です。
ワイヤーで治療する場合は、歯の奥にインプラントを入れるなどしないと難しいです。

デメリットは、大きな歯を1本ずつ奥にずらすので、時間がとてもかかることです。

6

 

治療のスピードをアップする方法

治療の期間がどうしても長くなってしまう場合には、補助的に使用して、治療のスピードアップをはかる方法もあります。

「加速矯正」と言われていますが、それをいくつか紹介します。

オーソパルス

こちらの記事をご覧ください。→ インビザラインと相性が良い加速矯正装置

フォトバイオモジュレーションと呼ばれる光を利用した装置で、通常7日〜10日交換のマウスピースが最短3日の交換になります。
痛みが軽減すること、短期間の交換になるので装置を清潔に保てることもメリットです。

Orthopulse

カリエール・モーション

奥歯を奥に送る方法を加速して行います。
奥歯を動かすための1年以上の期間が、4ヶ月に短縮されることもあります。

Motion

 

抜歯するかしないかに影響すること

当然ですが、歯を整列させるために「スペースがどのくらい足りないか」ということが一番大きな影響を及ぼします。

次に大きく影響するのは、「治療期間がどの程度大丈夫か」ということです。

場所を作る方法によって、治療期間が大きく変わってきますから、全部でどのくらいの期間がかかるかを考えた上で、現実的な治療期間を設定しないといけません。

 

インビザラインとワイヤー矯正では抜歯率が大きく違う

ワイヤーによる矯正で、抜歯しないといけなくなる割合は60%以上と言われています。
対して、インビザラインによる治療で抜歯する割合は、当院の場合10%程度です。

なぜ、そうなるかと言うと、インビザラインは奥歯を奥に動かしてスペースを作るのが、ワイヤーに比べて得意です。
奥に動かしてスペースを作れるということが、ワイヤーによる治療に比べて大きなアドバンテージとなっているのです。

 

抜歯しない方が必ず良いとは限らない

抜歯したほうが良いかどうかは、患者さんのご要望によって影響を受けます。
しかし、いくら患者さんが抜歯を嫌がっても、治療期間が現実的な範囲か? 可能なのか?ということも考えなければいけません。

わたしは、できるだけ歯を抜かない治療計画を心がけていますが、やっぱり抜歯を行った方がいいなあと思うケースもあります。どっちもありだなあというケースも、かなり多いのです。

抜歯するかしないかは、歯科医によってもかなり判断が異なるので、患者さんも複数の歯科医の意見を聞くと困惑してしまいます。
どうして抜くのか、抜かないのか。歯科医の判断も理由もそれぞれです。

歯科医と十分話し合って、説明を受け、納得することが最も大切だと思います。

 

 


インビザラインの詳しい説明はこちらです

インビザラインは、取り外せる透明な矯正装置であるマウスピース矯正の中で、世界で最初に確立されたスタンダードシステムです。追加料金が発生せずに治療が可能です。

詳しくはこちら


マウスピース矯正

透明な材料で、歯になじんで目立たない矯正装置。道具を使わなくても取り外しができます。 大事な人と会う場合など、どうしても付けたくないときに外せます。

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください