海老沢歯科医

矯正や審美歯科で関係する歯科治療の医療費控除を調べてみた

10万円以上の医療費を支払った場合必ずチェック

1年間(1月1日から12月31日まで)に10万円以上の医療費を支払った場合は納めた税金の一部が戻ってきます。

  • 家族の分も合計できます。
  • 保険の一部負担金も対象になります。
  • 保険外治療費も対象です。
  • バスや電車など公共交通機関による通院のための交通費は対象です。
  • 保険金などで補填された金額は差し引きます。
  • 申告し忘れても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができます。

領収書などは大切に保管しておきましょう。

 

審美目的のみのものは対象になりません

矯正治療も、審美歯科も、「容ぼうを美化するための費用」だとすると対象外です。
しかし、治療が目的だと対象となります。

審美歯科の場合、セラミックは通常治療の材料とみなされますので、対象となります。
ホワイトニングは対象とならないようです。

矯正治療の場合は、多くの場合は「かみ合わせの改善」他の治療目的ですので、対象になります。
子供の矯正は、成長発育に関係する治療なので対象になります。

 

デンタル・ローンや院内分割払い利用の場合

<デンタル・ローン利用の場合>
ローンを利用した場合。信販会社が立替払いした金額は、その患者のその立替払いをした年(ローン契約が成立した時)の医療費控除の対象となります。

<分割払い利用の場合>
期間内に実際に支払った金額が対象です。

 

どのくらい返ってくるのか

医療費の控除額(最高額200万円)= 1年間に払った家族の医療費 ー 10万円

実際に還付される金額 = 医療費控除額 ✕ 下の税率表(所得ごとの税率)の%

税率

 

(例)課税所得が330万の人だと、75万円治療費を支払うと、だいたい13万円くらい返ってくる計算になります。
   所得が多くなれば多くなるほど、返ってくる金額は大きくなります。

 

手続きの仕方

通常は毎年2月16日から3月15日の1ヵ月間、所得税の確定申告の相談及び申告書の受付が行われます。
居住地の税務署で、確定申告の手続きをします。

詳しくは、ご相談ください。

 


インビザラインの詳しい説明はこちらです

インビザラインは、取り外せる透明な矯正装置であるマウスピース矯正の中で、世界で最初に確立されたスタンダードシステムです。追加料金が発生せずに治療が可能です。

詳しくはこちら


審美歯科

見た目だけではありません。天然の歯と似た特性をもつ材料を使い、元通りの歯に最も近い形に戻すことができます。予防的な効果もあるこだわりの治療です。

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です